Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > UX Blog > 2018年11月 > 【海外UXイベント紹介】User Friendly 2018(中国最大のUXイベント)

UX Blog

UXデザインの国内外の最新動向をお伝えすると共に、弊社内の日々の業務や勉強会/イベント等で得た学びや、考察したことについて共有して参ります。当Blogの更新情報は、Twitter経由でも配信しています。興味のある方はぜひ、@mlc_uxをフォローしてください。

【海外UXイベント紹介】User Friendly 2018(中国最大のUXイベント)

UXエバンジェリスト 金山

User Friendlyは、UXPA China(User Experience Professionals Associationの中国支部)が主催する中国最大のUXイベントで、2004年から毎年開催されています。15回目にあたる今年は11月30日(金)~12月2日(日)の3日間、上海の国際コンベンションセンターで開催されます。テーマは「消费升级,体验赋能(Consumption Upgrade, Experience Empowerment)」で、(顧客の)体験を強化して消費拡大を狙ったものになっています。

イベント参加者は1,000人程度で、UXPA2018の参加者が約600人でしたから規模的には本家をはるかにしのいでおり、中国におけるUXの注目度の高さが伝わってきます。地元中国の参加者が大半のため、ほとんどが中国語なのが難点ですが、キーノートは通訳が入ります。 毎年、著名なスピーカー(昨年はアラン・クーパー氏)が登壇しています。昨年(2017年)の熱気にあふれた様子はビデオで公開されていますので、イベントの雰囲気が分かります。

User Friendly 2017 の様子(PV)

本記事では、User Friendly 2018のWebサイトをチェックし、キーノートを中心に著者が面白そうだと思った内容をピックアップしてご紹介いたします。

セッションの種類と数

イベント中に予定されているセッションは、キーノート:6、フォーラム:3、ワークショップ:33、シンポジウム:2、UX基礎コース:2 となっています。ワークショップの数が断然多く、実務ですぐに使える実践的なノウハウ・テクニックを学ぶニーズが高いと感じられます。一方、初学者の底上げのための基礎コースが整備されてきていることも注目すべき点です。中国におけるUXの歴史はそれほど古くはありませんが、急速に発展し続けていることがうかがい知れます。

キーノートスピーカー

以下、6人のキーノートスピーカーについて、(所属)と『発表タイトル』を見て行きましょう。

User Friendly 2018が開催される上海は、欧米で開催されるUXイベントに比べて移動が楽なので、キーノートを聴くためだけに参加しても意味がありそうなので、おススメです。

関連情報(過去のUX Blog記事より)