Smart Communication Design Company
ホーム > サービス > Webサイト構築 > SEOコンサルティング > Google Search Console コンサルティング

Google Search Console コンサルティング

Google Search Console とは

Googleは、Webサイトを成長させるためのさまざまなツールを無償で提供しています。「Google Search Console(旧ウェブマスターツール)」もそのひとつで、貴社WebサイトとGoogle検索エンジンとの親和性を高めます。

Google Search Console では、以下のようなことがわかります。

  • 貴社Webサイトの検索エンジンにおける現状把握ができる
    • Googleにどのように登録(インデックス)されているのか
    • 貴社サイトの外部リンクの数
    • 内部リンクの状況(リンク切れが起きていないか)
  • 貴社Webサイトにアクセスする前のユーザーの行動がわかる
    • どのようなキーワードで検索された際に、貴社サイトが検索結果に表示されているのか
    • ユーザーがどのようなキーワードで検索をして、貴社サイトにアクセスしているのか

このほか、ツールからsitemap.xmlやrobots.txtを設定することで、Google検索エンジンに貴社Webサイトの存在を伝えることができます。

Webサイトの情報をマーケティングに活用できていますか?

Google Search Console から取得できる情報は、検索エンジンから自社サイトへ誘導をはかるSEO対策に必要であるのはもちろん、自社商品・サービスのマーケティングにも役立つ貴重な情報です。これらを活用しない手はありません。

Googleの警告メッセージに適切に対応できていますか?

昨今、Googleによるスパム取り締まりが強化されています。SEO対策によかれと思って施した対策が、実はGoogleの「ウェブマスター向けガイドライン」に抵触していたということもあり、この場合はGoogleから警告メッセージが送信されます。その後適切な対応が行われないと、検索結果順位が下がったり、最悪の場合表示されなくなる(インデックスの削除)こともあるため、素早く適切な対応をおこなう必要があります。

サービス概要

Google Search Console を活用するための準備(アカウント作成)からサポート。アカウント作成後は、ウェブマスターツールによる分析結果・改善策をレポートとして定期的に提出します。また、Googleの警告メッセージを受信した場合の原因特定・解決策提示もおこないます。

サービス特長

Web制作会社の強みを生かし、精度の高い改善策の提示と、ご希望される場合はWebサイトへの改善実施をワンストップで提供いたします。

  • W3C準拠による適切なコーディングによりサイト内部からSEO効果を発揮
  • Web制作会社の強みを生かし、SEOから実装までワンストップで完結
  • 単なる集客向けSEOではなく、導線提案をすることでコンバージョン率が向上
  • ユーザビリティ、アクセシビリティ、デザインを考慮しながらSEO内部最適化を実現

サービス詳細

サービス内容

  • アカウント作成
  • スパムアラートに対する原因特定・解決策提示
  • サイト調査分析・レポーティング
    • クロールエラーのチェック
    • 重複エラーのチェック
    • クロール頻度チェック
    • コンテンツキーワード整理
    • 内部リンク整理
    など 15項目
  • Googleアナリティクスとのデータ連携(※GAデータ解析はオプションとなります)

納品物

調査分析の結果データ、改善施策書

サービス期間

3カ月 / 6カ月 / 12カ月

サービスフロー

  1. ヒアリング
  2. Google Search Console アカウント作成
  3. 貴社サイト調査分析
  4. 改善施策の立案
  5. レポート納品

Pick Up