カードソートとは、新しいラベリングシステムを作成する際に、ユーザーがどのように情報を知るのかを把握する目的で利用される方法のことです。被験者に、異なる内容の書かれたカードの並べ替えやグループ化をしてもらい、その結果からコンテンツとラベルの関連性を評価します。カードソートには、主にオープンカードソートとクローズドカードソートの2種類があります。

参考文献

  • 『Web情報アーキテクチャ』オライリー・ジャパン

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。

関連情報