B2Bマーケティングとは、法人向けにビジネスを行なっている企業が行なうマーケティング活動を指します。B2Cのビジネスを行なう企業に比べ、B2Bのビジネスを行なう企業はマーケティングに関してあまり多くのリソースをもたない場合が多いようです。しかし、「売るためのしくみづくり」としてのマーケティングの必要性は、B2B企業においても同じはずです。B2Bマーケティングだからといって、実はB2Cの企業が行なうマーケティング活動とあまり変わりはないはずです。ただ、B2Bマーケティングの場合、企業がマーケティングにかけるコストはやはりB2C企業に比較すると低いでしょうし、マス・マーケティングを行なう必要性(マス・マーケティングによる効果)もB2C企業のほうが低いでしょう。そのため、B2Bの企業にとっては、必然的にマーケティング・ミックスの行ない方がB2Cの企業とは異なります。

Webサイトは、B2B企業のマーケティング・ミックスにおいて中心的な役割を果たすツールだと言えるでしょう。B2B企業のブランド構築、お客様からのコンタクトを引き出すことなどが、B2Bマーケティング・ツールとしてのWebサイトの代表的な役割だといえます。

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。

関連情報