a要素は、href属性を持つ場合はページ内のどこか、あるいは別のページへのハイパーリンクとして機能します。 #(ハッシュ記号)で開始する href属性はページ内リンクとして機能します。# に続く文字列と同じid属性を持つ要素が存在すれば、その要素の位置までジャンプします。

href属性を持たない場合はリンクのプレースホルダを表します。共通のナビゲーションリンクで、他のページでは現在のページへのリンクとして機能しているような場合や、現状はリンクとして機能させたくはないが、後からリンクとして機能することが想定されているという場合にhref属性を省略します。href属性が存在しない場合、a要素には以下の属性を省略する必要があります。

  • target
  • download
  • ping
  • rel
  • hreflang
  • type
  • referrerpolicy

a要素のaはanchorを意味しています。

使用例

<p><a href="URL">○○のページ</a></p>



<p><a href="URL" target="_blank">○○のページ<img src="newWindow.png" alt="新しいウィンドウで開きます"></a></p>

使用可能な属性

  • すべてのグローバル属性
  • href
  • target
  • download
  • ping
  • rel
  • rev
  • hreflang
  • type
  • referrerpolicy

コンテンツカテゴリ

  • フローコンテンツ
  • フレージングコンテンツ
  • インタラクティブコンテンツ
    • ただしhref属性を持つ場合
  • パルパブルコンテンツ

子要素にしていい要素の種類

  • a要素の親の「子要素にしていい要素の種類」を継承します
    • ただし子孫にインタラクティブコンテンツ及び、a要素を除く
  • フローコンテンツ
    • ただし、親要素が存在しない場合

親要素にしていい要素の種類

  • 子要素にフレージングコンテンツが期待されているすべての要素

仕様書と策定状況

仕様書 策定状況
W3C 勧告
WHATWG Living Standard
最終更新:2017年2月2日

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。

関連情報