area要素は、イメージマップの中で特定の領域やリンクを指定するための要素です。
必ずmap要素の中で登場します。

shape属性で範囲を種類を示し、coords属性に座標を示すことで領域を指定できます。

使用例

<img src="dummy.png" usemap="#imageMapName" alt="テキストテキスト" width="180" height="90">

<map name="imageMapName">

<area shape="rect" coords="20, 20, 70, 70" href="$$$dummy$$$" alt="左から20px、上から20pxに位置する50px×50pxの四角いリンク">

<area shape="circle" coords="115, 45, 25" href="$$$dummy$$$" alt="左から115px、上から45pxに円の中心が位置する半径25pxの丸いリンク">

</map>

使用可能な属性

  • すべてのグローバル属性
  • alt
  • coords
  • shape
  • href
  • target
  • download
  • ping
  • rel
  • referrerpolicy

少なくともshape属性ならびにcoords属性を指定する必要があります。
href属性を付与した場合はalt属性が必要です。

href属性を省略した場合、alt属性も省略しなければなりません。

コンテンツカテゴリ

  • フローコンテンツ
  • フレージングコンテンツ

子要素にしていい要素の種類

  • 空要素のため、子孫になる要素を持ちません

親要素にしていい要素の種類

  • 子要素にフローコンテンツが期待されているすべての要素
    • ただしmap要素を祖先に持つ場合のみ

仕様書と策定状況

仕様書 策定状況
W3C 勧告
WHATWG Living Standard
最終更新:2017年8月22日

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。

関連情報