caption要素は、親要素であるtable要素のキャプションを表す要素です。

caption要素の中にp要素を採用し、複数の段落を用いて親要素であるtable要素についての詳細な説明を記述してもよいでしょう。

もしtable要素figure要素の中で唯一のコンテンツであった場合、caption要素は省略し、figcaption要素を優先して実装するべきです。

caption要素の表示位置は、caption-sideプロパティで変更することが出来ます。

使用例

<table>

<caption>2012年の沿革</caption>



<thead>

<tr>

<th>月</th>

<th>出来事</th>

</tr>

</thead>



<tbody>

<tr>

<th>4月</th>

<td>レスポンシブWebデザインの提供を本格化</td>

</tr>



<tr>

<th>7月</th>

<td>事務所移転</td>

</tr>



<tr>

<th>11月</th>

<td>仙台オフィス、大阪オフィス開設</td>

</tr>

</tbody>

</table>
<figure>

<table>

<thead>

<tr>

<th>項目名</th>

<th>項目名</th>

</tr>

</thead>



<tbody>

<tr>

<th>項目名</th>

<td>値</td>

</tr>



<tr>

<th>項目名</th>

<td>値</td>

</tr>

</tbody>

</table>



<figcaption>キャプションテキスト</figcaption>

</figure>

使用可能な属性

  • すべてのグローバル属性

コンテンツカテゴリ

  • なし

子要素にしていい要素の種類

  • フローコンテンツ

親要素にしていい要素の種類

仕様書と策定状況

仕様書 策定状況
W3C 勧告
WHATWG Living Standard
最終更新:2017年6月22日

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。

関連情報