dl要素は、名前(dt要素)と1つ以上の値(dd要素)の組み合わせを、0個以上含んだグループから成る記述リストを表します。dl要素は必ず、1つ以上の名前(dt要素)に続き1つ以上の値(dd要素)で構成されなければなりません。

使用例として、用語とその定義、メタデータの見出しや値、質問と回答があげられます。定義リストとして用いる場合は、dfn要素を用いる方法があります。

また、会話をマークアップするのには不適切とされています。

使用例

<dl>

<dt>商号</dt>

<dd>株式会社ミツエーリンクス</dd>

<dt>設立日</dt>

<dd>1990年7月</dd>

</dl>

WHATWGの仕様書では、スタイリングを補助する目的で、以下のようにdiv要素を用いてマークアップすることもできるとされています。

<dl>

<div>

<dt>商号</dt>

<dd>株式会社ミツエーリンクス</dd>

</div>

<div>

<dt>設立日</dt>

<dd>1990年7月</dd>

</div>

</dl>

用語集(定義リスト)として使用する場合は、定義されている単語を示すためdfn要素を使用します。

<dl>

<dt><dfn>セクショニングコンテンツ</dfn></dt>

<dd>見出しやフッタの範囲を定義することができる要素です。</dd>

<dt><dfn>ヘディングコンテンツ</dfn></dt>

<dd>セクションのヘッダを定義することができる要素です。</dd>

</dl>

使用可能な属性

  • 全てのグローバル属性

コンテンツカテゴリ

  • フローコンテンツ
  • パルパブルコンテンツ
    • ただし、子要素に名前(dt要素)と値(dd要素)のグループが少なくとも1つ以上存在する場合

子要素にしていい要素の種類

  • それぞれ1つ以上のdt要素の後に来る1つ以上のdd要素からなり、任意で混在できる0個以上のスクリプトサポート要素、0個以上のグループ
  • または、スクリプトサポート要素と混在できる、1つ以上のdiv要素

親要素にしていい要素の種類

  • 子要素にフローコンテンツが期待されているすべての要素

仕様書と策定状況

仕様書 策定状況
W3C 勧告
WHATWG Living Standard
最終更新:2017年2月2日

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。

関連情報