img要素は、画像を表示させるための要素です。

必ずsrc属性を持ち、値に指定された画像を表示します。

alt属性には画像の代替テキストを指定します。画像が読み込まれなかった場合や、無効の環境下で画像の変わりに表示されるテキストです。
Webページ内で登場する画像のうち、飾りではないものにはすべてalt属性で意味のある代替テキストを指定するべきでしょう。

飾りの画像については、飾りであることを明示するために、値が空のalt属性を持たせるべきです。

使用例

意味のある画像

<img src="dummy.png" alt="代替テキスト" width="180" height="90">

飾りの画像

<img src="dummy.png" alt="" width="180" height="3">

使用可能な属性

  • すべてのグローバル属性
  • alt
  • src
  • srcset
  • sizes
  • crossorigin
  • usemap
  • ismap
  • width
  • height
  • referrerpolicy

コンテンツカテゴリ

  • フローコンテンツ
  • フレージングコンテンツ
  • エンベディッドコンテンツ
  • フォーム関連要素
  • インタラクティブコンテンツ
    • ただし、usemap属性を持つ場合のみ
  • パルパブルコンテンツ

子要素にしていい要素の種類

  • 空要素のため子要素は存在しません

親要素にしていい要素の種類

  • エンベディッドコンテンツが期待されているすべての要素

仕様書と策定状況

仕様書 策定状況
W3C 勧告
WHATWG Living Standard
最終更新:2017年9月4日

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。

関連情報