rp要素は、ruby要素などと組み合わせてテキストに振り仮名を振ることが可能な要素群に非対応なブラウザ向けに表示するテキストを表す要素です。

多くの場合、括弧の開始と終了などをマークアップします。ruby要素に対応している場合は通常、ユーザーエージェントにより非表示でレンダリングされます。

使用例

<p><ruby>株式会社<rp>(</rp><rt>かぶしきがいしゃ</rt><rp>)</rp></ruby>ミツエーリンクスです。</p>
<p><ruby>株<rt>かぶ</rt>式<rt>しき</rt>会<rt>がい</rt>社<rt>しゃ</rt></ruby>ミツエーリンクスです。</p>

使用可能な属性

  • すべてのグローバル属性

コンテンツカテゴリ

  • なし

子要素にしていい要素の種類

  • フレージングコンテンツ

親要素にしていい要素の種類

仕様書と策定状況

仕様書 策定状況
W3C 勧告
WHATWG Living Standard
最終更新:2017年2月9日

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。

関連情報