tbody要素は、親要素であるtable要素のヘッダーやフッターを除いた、表のデータを構成する値が入っている行グループを表します。

<tbody>

<tr>

<th>見出し1</th>

<td>値1</td>

<td>値2</td>

<tr>

</tbody>

行の数が膨大な表を実装する場合、印刷を行う際に表が分断されてしまいますが、必要に応じていくつかの行グループに区切ることで、適切な位置で改ページされる場合があります。また、行グループごとにスタイリングすることも可能になります。

行グループを複数に分けるには、tbody要素を連続して記述します。

<tbody>

<tr>

<th>見出し1</th>

<td>値1</td>

<td>値2</td>

<tr>

</tbody>



<tbody>

<tr>

<th>見出し2</th>

<td>値3</td>

<td>値4</td>

<tr>

</tbody>

使用例

<table>

<caption>部署別好きな寿司ネタベスト3</caption>



<colgroup span="1">

<colgroup span="3">



<thead>

<tr>

<th>部署名</th>

<th>回答者</th>

<th>1位</th>

<th>2位</th>

<th>3位</th>

</tr>

</thead>



<tbody>

<tr>

<th rowspan="2">部署A</th>

<th>Aさん</th>

<td>かんぱち</td>

<td>ばい貝</td>

<td>つぶ貝</td>

</tr>



<tr>

<th>Bさん</th>

<td>大トロ</td>

<td>うに</td>

<td>いくら</td>

</tr>

</tbody>



<tbody>

<tr>

<th rowspan="2">部署B</th>

<th>Cさん</th>

<td>とろたく巻き</td>

<td>ハンバーグ</td>

<td>カリフォルニアロール</td>

</tr>



<tr>

<th>Dさん</th>

<td>サーモン</td>

<td>数の子</td>

<td>筋子</td>

</tr>

</tbody>

</table>

使用可能な属性

  • すべてのグローバル属性

コンテンツカテゴリ

  • なし

子要素にしていい要素の種類

  • 0個以上のtr要素
  • 0個以上のスクリプトサポート要素

親要素にしていい要素の種類

仕様書と策定状況

仕様書 策定状況
W3C 勧告
WHATWG Living Standard
最終更新:2017年6月22日

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。

関連情報