track要素はHTML5から新たに追加された要素です。
メディア要素(audio要素video要素)の子として登場します。

字幕や代替テキスト、説明文などをテキストで表示させることができます。

<track kind="トラックの種類" src="トラックファイルのURL" srclang="トラックの言語" lang="ラベルの言語" label="ラベル">

トラックの種類は次の通りです。kind属性を省略したときのデフォルト値は「subtitles」です。

内容
subtitles 聞こえている音声の意味が理解できないユーザー向けの翻訳字幕を表示させることを表します。
captions 音声がうまく聞き取れない状況にあるユーザー向けの字幕を表示させることを表します。
descriptions 映像を目視で確認しない場合に動画の内容の説明するテキストを表示させることを表します。主にスクリーンリーダーによって読み上げられることが想定されています。
chapters 動画のナビゲーションによって利用されることを意図したチャプターのタイトルを設定します。これによりユーザーはシーンの切り替え操作ができるようになります。
metadata スクリプトから利用するための情報を持ちます。基本的に画面に表示されることはありません。

使用例

<video src="dummy.webm" controls>

<track kind="subtitles" src="dummy.en.vtt" srclang="ja" lang="en" label="Japanese">

<track kind="subtitles" src="dummy.en.vtt" srclang="en" lang="en" label="English">

<track kind="subtitles" src="dummy.fr.vtt" srclang="fr" lang="en" label="French">

<track kind="subtitles" src="dummy.de.vtt" srclang="de" lang="en" label="German">

<p>video要素がサポートされているブラウザで閲覧してください。</p>

</video>

使用可能な属性

  • すべてのグローバル属性
  • kind
  • src
  • srclang
  • label
  • default

コンテンツカテゴリ

  • なし

子要素にしていい要素の種類

  • 空要素のため子要素は存在しません

親要素にしていい要素の種類

  • メディア要素(audio要素video要素
    • ただし、任意のフローコンテンツより前に登場すること

仕様書と策定状況

仕様書 策定状況
W3C 勧告
WHATWG Living Standard
最終更新:2017年9月4日

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。

関連情報