video要素はHTML5から新たに追加された要素です。
映像を再生するために用います。

サムネイルを設定したり、track要素を用いて字幕を表示させることも可能です。
要素の中には、video要素をサポートしていないブラウザで表示されるテキストを記述することができます。

使用例

<video src="dummy.webm" controls>

<track kind="subtitles" src="dummy.en.vtt" srclang="ja" lang="en" label="Japanese">

<track kind="subtitles" src="dummy.en.vtt" srclang="en" lang="en" label="English">

<track kind="subtitles" src="dummy.fr.vtt" srclang="fr" lang="en" label="French">

<track kind="subtitles" src="dummy.de.vtt" srclang="de" lang="en" label="German">

<p>video要素がサポートされているブラウザで閲覧してください。</p>

</video>

使用可能な属性

  • すべてのグローバル属性
  • src
  • crossorigin
  • poster
  • preload
  • autoplay
  • playsinline
  • loop
  • muted
  • controls
  • width
  • height

コンテンツカテゴリ

  • フローコンテンツ
  • フレージングコンテンツ
  • エンベディッドコンテンツ
  • インタラクティブコンテンツ
    • ただし、要素がcontrols属性を持つ場合
  • パルパブルコンテンツ

子要素にしていい要素の種類

  • 0個以上のtrack要素と、それに続くメディア要素(audio要素やvideo要素)を含まないトランスパレントコンテンツ。
    • ただし、要素がsrc属性を持つ場合
  • 0個以上のsource要素、0個以上のtrack要素要素、メディア要素(audio要素やvideo要素)を含まないトランスパレントコンテンツ。
    • ただし、要素がsrc属性を持たない場合

親要素にしていい要素の種類

  • エンベディッドコンテンツが期待されているすべての要素

仕様書と策定状況

仕様書 策定状況
W3C 勧告
WHATWG Living Standard
最終更新:2017年9月4日

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。

関連情報