(この記事は、2016年1月18日に公開された記事「Companies are blogging less and that's a mistake」の日本語訳です。)

Society for New Communications Researchが、興味深い調査結果を公表していました。

Nora Ganim Barnes博士は、Fortune 500 各社における企業コミュニケーション戦略につき、過去8年間にわたり調査してきました。中でも重要な知見は、以下の通りです:

  • 500社のうち、21%に当たる103社が企業ブログを持っていますが、これは2014年から比べ10%減少しています。
  • 500社の間では、FacebookよりTwitterの方が人気があります(78%対74%)。
  • ビジネスツールとしては、Glassdoor(87%)がLinkedIn(93%)に次いで人気です。
  • Instagramの利用は13%増加しています。500社のうち合計で33%がInstagramのアカウントを有しており、視覚的にリッチなプラットフォームへの興味・関心が引き続き増加している傾向にあります。

昨今、ブログを特にグローバルに運営する企業が減っていることに、私は気づいていました。なぜそれが起きているのかを理解はしつつも、私はこれを機会損失と見ています。人々の読みたいと思うコンテンツを生み出すというのは、実に苦労を伴うものです。それはSnapchatやInstagramといった最新のソーシャルネットワークを追いかけるほど魅力的でもありません。

ブログは上手に運営すれば、モバイルユーザーを含め、リードや検索流入、顧客エンゲージメントの素晴らしい源泉となり得ます。そしてまた、ブログがさまざまな言語を横断的にサポートしたなら、大幅にアクセス数を伸ばすことになるでしょう。

私は何もTwitterやInstagramなどを使わなくて良いなどと提案しているわけではありません。事実、ブログから生み出されるコンテンツは、TwitterやFacebook、他のプラットフォームにとっての基盤になります。

ブログ(や他のコンテンツ)に投資している企業の例として、Capgemini社があります:

Capgemini社のサイト

そしてこれはドイツ語サイトの画面キャプチャですが、ドイツ語でブログが書かれています:

Capgemini社のドイツ語で描かれているブログ

おそらく私はブログについてちょっと贔屓にしています、なぜならこのブログ(訳注:「Global by Design」のこと)を10年以上、書き続けているのですから。

しかしいつの日か、企業は一周して元に戻ると思っています。

結局のところ、「流行は巡る」といったところでしょうか......。

調査結果の完全なレポートはダウンロードできます

Information

書籍「グローバルWebサイト&アプリのススメ」

米国Byte Level Research社の許諾を得て、同社が運営するWebサイト「Global by Design」より、グローバルサイトWebサイト運用に関する記事を翻訳してお届けします。

ミツエーリンクスのグローバルWebサイトソリューション

グローバルビジネスを支えるWebサイトにグローバルスタンダードな品質を提供する、各種サービスをご紹介します。