Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > 「Global by Design」日本語版 > 2016年3月 > 技術系エンタープライズ企業のグローバルWebサイトで2016年のトップはIntel

技術系エンタープライズ企業のグローバルWebサイトで2016年のトップはIntel

(この記事は、2016年3月17日に公開された記事「Intel: The best global enterprise technology website of 2016」の日本語訳です。)

2016年版Webグローバリゼーション・レポート・カードにおいて、技術系エンタープライズ企業のWebサイト、11サイトを調査しました。

  • Autodesk
  • Cisco Systems
  • EMC
  • IBM
  • Huawei
  • Intel
  • Oracle
  • SAP
  • Texas Instruments
  • Xerox
  • VMware

23言語をサポートしていながら、Intelは同じカテゴリーにおいてサポート言語数のリーダーではありません。Cisco Systemsは40言語をサポートしています。

しかしIntelは、他の面で他社より優れています。

例えばグローバルナビゲーション。Intelは、以下に挙げるような国別コードを採用していました:

  • www.intel.de
  • www.intel.co.jp
  • www.intel.cn

中国向けのサイトでは、グローバル・ゲートウェイはヘッダーに完璧に位置しています。そしてまた、地球をあらわすアイコンをご覧ください。あなたが何語を話していようとも、アイコンのおかげでグローバル・ゲートウェイを簡単に見つけることができます。

中国向けのサイト

地球のアイコンを選択すると、「ユニバーサルな」グローバル・ゲートウェイ・メニューが現れます:

グローバル・ゲートウェイ・メニュー

ユニバーサルと表現したのは、ローカライズされたWebサイト全てを横断的に使えるメニューであるという意味です。ローカルサイトの名前が、ローカルな言語と書体で(サポートしている市場向けに)表示されています。

残念ながら、モバイルサイト上では地球のアイコンはフッターに移されています。以下の画面キャプチャは、ポーランドのモバイルサイトです:

ポーランドのモバイルサイト

Intelは、多数のローカルサイトに渡って、グローバルな一貫性を強力に担保しています。ローカルサイトごとにコンテンツの階層は異なり、サポートする言語数にも開きがあります。

しかしIntelは機械翻訳をうまく利用し、ユーザーが自身の使う言語に翻訳できるようにしています。ブラジル向けWebサイトの画面キャプチャを以下に示します。

ブラジル向けWebサイト

ページ先頭近くにあるボタンは、ユーザーがコンテンツを翻訳するための選択を行うものです。目下、機械翻訳を利用している企業は少数に限られています。

将来的な懸念の一つは、.comサイトのデザインがつい最近変わって、例の地球のアイコンがフッターに移ったことです。

フッターに移った地球のアイコン

全訪問者の半数以上が米国外からであればこそ、グローバル・ゲートウェイがヘッダーに必要とされる.comサイトでそのような変更がなされたのは、皮肉なことと感じます。

より詳しくはWebグローバリゼーション・レポート・カードをご覧ください。

Pick Up