vol.83「どーなる2020年!気になる技術大集合!」(1月22日開催)

UI開発 片柳

テックラウンジマスコットキャラクターのてっくらうんじちゃん「どーなる2020年!気になる技術大集合!」

皆さんこんにちは。UI開発者の片柳です。
今回は、1月22日に開催されたテックラウンジVol.83の様子をご紹介します。

今月は「どーなる2020年!気になる技術大集合!」と題しまして、Web制作にまつわるさまざまな技術やサービスについてお話を伺いました。

「WEB DEVELOPER ROADMAP-2020」から見るフロントエンドエンジニアのプラスα

最初の登壇者は、UI開発者のMさん。

WEB DEVELOPER ROADMAP-2020を見ながら、UI開発者として求められる技術や、これから学ぶべきフレームワークなどをお話しいただきました。

Web制作に関わる技術がずらりと並んだロードマップ。
説明とともに1つずつ確認していくことで、今の自分ができること、そして今からできることをあらためて確認することができました。

新しい技術が毎日のように増え続けるWeb制作の世界ですが、アンテナをしっかり立てて、常に追い続ける気持ちを忘れないようにしたいですね。

クラウドサービスの話

2人目の登壇者は、インフラチームのMさん。

AWSに関連するサービスとこれから盛り上がる新しいサービスについて、Amazonの商品ページを用いて分かりやすく解説していただきました。

世界的にシェアが高いAWS。商品ページ1つを取っても、5種類以上ものサービスが活用されているというのですから驚きです。
サービスはWebサイト上にとどまらず、近年は画像認識や自動運転といった機械学習の分野にも力を入れているとのこと。

5月にはAWS SUMMIT TOKYOが開催されます。
ますます盛り上がるAWSから目を離せませんね。

2020年ことはじめXDを始めるなら今

3人目の登壇者は、アートディレクションチームのAさん。

2019年にリリースされ、現在では多くの企業で活用されているAdobe XDのアップデートを追いながら、有用な使い方について解説いただきました。

2019年のアップデートでは、従来のツールには実装されていなかった同時編集機能や、バージョン管理機能、いくつかのデザインパターンを実装できるステート機能などが追加されました。
デザインをより公開されるWebサイトに近い状態で見せることができる他、データの共有やレビューもより簡単に行えるようになったそうです。

現在でもAdobe XD: Feature Requestsを用いたアップデートが続いており、より現場の要望に沿ったツールへと進化していくことでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
次回のテックラウンジは2月19日。Webパフォーマンスを向上させた事例や技術についてお話しいただく予定です。お楽しみに!