Smart Communication Design Company
ホーム > サービス > Webサイト構築 > スマートフォン対応

スマートフォン対応

ビジネスシーンで普及が進むスマートフォンにWebサイトを最適化

サービス概要

iPhoneやAndroid携帯に代表されるスマートフォンが、急速に普及し始めています。その勢いは止まることを知らず、ビジネスシーンにおいても積極的に活用する取り組みが増えつつあります。これはすなわち、BtoC(企業対消費者)を意図したサイトのみならず、BtoB(企業間取引)に主眼を置いたサイトにおいても、スマートフォンを用いたアクセスが増すことを意味します。

スマートフォンは、その高機能・高性能ゆえ、デスクトップPC向けにデザインしたサイト(以下「PCサイト」)を閲覧することが可能です。しかし、情報構造や視覚表現がスマートフォンに最適化されていないため、PCサイトをそのままスマートフォンに表示させた場合、利用者が使いにくいと感じてしまうことが少なからずあります。

携帯電話向けにデザインしたサイト(以下「携帯サイト」)をスマートフォン上でも表示させることは、ひとつの対応方法として有効でしょう。その場合、情報構造は利用シーンを十分に踏まえたものであっても、スマートフォンに搭載されたブラウザの性能を十分に活かした視覚表現を提供できていない点で、不利があります。

本サービスは上記の背景を踏まえ、PCサイトとも携帯サイトとも異なる、アクセス手段をスマートフォンに特化したサイト構築を行なうものです。

目的

iPhoneやAndroid携帯などのスマートフォン向けに特化したサイトを構築します。小さな画面サイズやタッチスクリーンといった、スマートフォンに特有のインターフェース、またその利用シーンを踏まえ、スマートフォンで使いやすい情報構造や視覚表現をデザインします。

サービス詳細

純粋にスマートフォンに特化した新規サイト構築を行なうほか、既にPCサイトや携帯サイトを運用されている場合につきましては、以下のようにそれぞれに適した手法でスマートフォン対応を行ないます。

PCサイトを運用されている場合

スタイルシートのみによる対応

HTML文書のソースはPCサイトのものを利用し、適用するスタイルシートをスマートフォン専用のものに切り替えることで対応します。「ワンソース・マルチユース」の発想に基づく対応であり、アクセスに用いられるデバイスの別を問わず、同じHTML文書でもって対応できるという特長があります。

ただし、既にあるPCサイトでスタイルシートのみによる対応を行なう場合、注意が必要です。既存のHTML文書に対して加える改変を最小限にとどめることはできますが、それが一種の制約として機能するため、スマートフォン向けに情報構造や視覚表現を最適化することが難しい場合があるためです。

スタイルシートのみでの対応は、主に新規にサイトを構築したり、既存のサイトをリニューアルするのに合わせてスマートフォン対応を行なう際に有効です。

HTML文書とスタイルシートの双方による対応

HTML文書もスタイルシートも、スマートフォン向けに特化したものを適用することで対応します。モバイルシーンでの利用を想定した際、PC向けのとは大きく異なる情報構造を採用する必要がある場合などに有効な対応方法です。

スタイルシートのみでの対応と異なり、単一のコンテンツについてHTML文書自体を複数用意することになりますので、CMSやテンプレートを用いた何らかのコンテンツ更新ツールを利用されたほうが運用上好ましいでしょう。

携帯サイトを運用されている場合

基本的には、「PCサイトをスマートフォンに対応させる場合」の「HTML文書とスタイルシートの双方による対応」と同じです。

NTTドコモやau、ソフトバンクといった特定のキャリアに向けた携帯サイトが既にある場合、その情報構造や機能を活かすかたちで、スマートフォン向けのサイトを別途構築します。

サービスフロー

通例のPCサイト構築の流れと大きくは変わりません。

しかしながら、スマートフォンの多くはタッチスクリーンを備えていますが、タッチスクリーンを用いた操作性をデスクトップPC上などで検証することはできません。

より良いユーザー体験を提供するうえで、実機を用いた検証は重要です。従い、最終的な検品のみならずビジュアルデザインの段階から、可能な限り実機検証を実施いたします。

Pick Up