link要素は外部リソースとの関連性を示す要素です。

href属性にURIを指定することで、関連のある外部リソースを示すことができます。また、rel属性で外部リソースとの関係を示すことができます。

使用例

<head>

<link href="/shared/css/common.css" rel="stylesheet">

<link href="/shared/css/common.css" rel="preload" as="style" title="Preload style">

</head>

使用可能な属性

  • すべてのグローバル属性
  • href
  • crossorigin
  • rel
  • rev
  • as
  • media
  • hreflang
  • type
  • sizes
  • referrerpolicy

link要素におけるtitle属性は、補足ではなくその外部リソースファイルのタイトルそのものを示す特別なセマンティクスを持ちます。

コンテンツカテゴリ

  • メタデータコンテンツ
  • フローコンテンツ
    • itemprop属性を持つ場合のみ
  • フレージングコンテンツ
    • itemprop属性を持つ場合のみ

子要素にしていい要素の種類

  • 空要素のため、子孫になる要素を持ちません

親要素にしていい要素の種類

  • 子要素にメタデータコンテンツが期待されているすべての要素
  • head要素の子要素になっているnoscript要素

仕様書と策定状況

仕様書 策定状況
W3C 勧告
WHATWG Living Standard
最終更新:2017年2月2日

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。

関連情報