noscript要素は、JavaScriptを何らかの理由により実行できない場合、noscript要素の子孫となる要素を表示させます。

JavaScriptを実行をしない設定になっている場合や、JavaScriptの実行をサポートしていないユーザーエージェントの環境では、script要素の代わりにnoscript要素の内容が表示されます。

使用例

<noscript>JavaScriptが無効になっています。</noscript>

使用可能な属性

  • 全てのグローバル属性

コンテンツカテゴリ

  • メタデータコンテンツ
  • フローコンテンツ
  • フレージングコンテンツ

子要素にしていい要素の種類

  • 0個以上のlink要素、0個以上のstyle要素、0個以上のmeta要素(順序は問わない)
    • JavaScript無効環境であり、head要素の子孫だった場合
  • noscript要素以外の任意のトランスパレントコンテンツ
    • JavaScript無効環境であり、head要素の子孫ではない場合
  • フローコンテンツ、フレージングコンテンツ
    • 上記以外の場合

親要素にしていい要素の種類

  • 子要素にフレージングコンテンツが期待されているすべての要素
    • 祖先要素にnoscript要素が存在し無い場合
  • head要素
    • 祖先要素にnoscript要素が存在し無い場合

仕様書と策定状況

仕様書 策定状況
W3C 勧告
WHATWG Living Standard
最終更新:2016年7月31日

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。

関連情報