rows属性は、複数行のテキスト入力コントロールの高さや、フレームセット内のフレームの高さを設定するための属性です。

textarea要素にrows属性を設定する場合には、属性値に行数を指定することでテキスト入力コントロールの高さを設定することができます。また、frameset要素にrows属性を設定する場合には、属性値に数値をカンマ区切りで指定することで、各フレームの幅を設定することができます。

参考

HTML 4.01 Specification
16.2.1 The FRAMESET element
17.7 The TEXTAREA element

この属性が設定可能な要素

この属性が定義されているDTD

この属性がDTD内で定義されていることを○で示しています。

HTML 4.01 XHTML 1.0 XHTML 1.1
Strict Transitional Frameset Strict Transitional Frameset

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。

関連情報