ul要素は、順序なしリストを示すための要素です。

順序なしリストは、リスト項目の先頭に記号が表示されるリストです。一般的なユーザーエージェントでは黒丸がリスト項目の先頭に表示されます。リスト項目はli要素を用いて記述します。

参考

HTML 4.01 Specification
10.2 Unordered lists (UL), ordered lists (OL), and list items (LI)

この要素で設定可能な属性

この要素内に子要素として記述可能な要素

この要素が定義されているDTD

この要素がDTD内で定義されていることを○で示しています

HTML 4.01 XHTML 1.0 XHTML 1.1
Strict Transitional Frameset Strict Transitional Frameset

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。

関連情報