文書型宣言とは、HTML文書やXHTML文書がどの文書型を選択しているか示す宣言です。

宣言には文書型のバージョンや、文書型が定義されたDTDURIが含まれます。文書型に正しく準拠した文書であれば、文書型宣言を文書の先頭に記述することができます。各DTDの文書型宣言は以下のようになります。

HTML 4.01 Strict DTD
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/strict.dtd">
HTML 4.01 Transitional DTD
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd">
HTML 4.01 Frameset DTD
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Frameset//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/frameset.dtd">
HTML 1.0 Strict DTD
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Strict//EN" "DTD/xhtml1-strict.dtd">
HTML 1.0 Transitional DTD
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "DTD/xhtml1-transitional.dtd">
HTML 1.0 Frameset DTD
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Frameset//EN" "DTD/xhtml1-frameset.dtd">
XHTML 1.1
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.1//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml11/DTD/xhtml11.dtd">

この宣言を用いることで、文書がどの文書型を採用しているかをユーザーエージェントに示すことでき、ユーザーエージェントが正しく文書構造を理解するのを助けます。

参考

HTML 4.01 Specification
7.2 HTML version information

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。

関連情報