大部分のグローバルサイトが国別コードを使用

(この記事は、2016年2月17日に公開された記事「Most global websites now use country codes」の日本語訳です。)

2016年版Webグローバリゼーション・レポートカードの中で、世界トップクラスのブランドにおける国別コードの利用について記しています。

国別コードは、企業ごとに異なる方法で利用されており、一貫していません。例えば、幾つかのWebサイトでは国別コードを.comにリダイレクトさせる目的で使用しています(理想的ではありませんが、何もしないよりは良いでしょう)。また他のあるサイトでは、国別コードをスタンドアローンなドメインとして使用しています(こちらが理想的です)。

AmazonやExpediaを含む、ほんの一握りのサイトは、国別コードを自身のブランドの拡張として活用しています。

Expedia
Amazon

Webグローバリゼーション・レポートカードで調査した企業の8割以上が、国別コードを少なくともサポートしている市場の一部に向け使用しています。これは、多くの企業がすべてのローカルサイトの基盤として.comドメインに頼っていた5年前と比べると、急増しています。

当時から何が変わったのでしょうか?第一にGoogleが、国別コードをサポートするよう奨励しました。そしてより重要なことに、世界中の企業が国別コードを好むようになりました。国別コードを含むドメインは、.comドメインのグローバルサイトを迂回させ、つまりローカルサイトへのショートカットとして機能します。

次に挙げる企業は、国別コードのサポートが素晴らしい企業です:

  • Adidas
  • Autodesk
  • Coca-Cola
  • Dell
  • DHL
  • Dyson
  • Google
  • Hilton
  • Honda
  • IKEA
  • Intel
  • John Deere
  • Mercedes
  • Merck
  • Nikon
  • NIVEA
  • Philips
  • Starbucks

国別コードについて、もっと詳しく知りたいですか?この便利な地図をチェックしてください。

またグローバルナビゲーションの戦略全体にとって、国別コードがいかに適合するかをよりよく理解するには、グローバル・サクセスのためのジオロケーションをご覧ください。

Information

書籍「グローバルWebサイト&アプリのススメ」

米国Byte Level Research社の許諾を得て、同社が運営するWebサイト「Global by Design」より、グローバルサイトWebサイト運用に関する記事を翻訳してお届けします。

ミツエーリンクスのグローバルWebサイトソリューション

グローバルビジネスを支えるWebサイトにグローバルスタンダードな品質を提供する、各種サービスをご紹介します。