(この記事は、2021年8月19日に公開された記事「Expedia drops flags in its recent redesign」の日本語訳です。)

当Blogでは、グローバルナビゲーション戦略の一環で国旗を掲載することで生ずる数多くのリスクについて、繰り返し言及してきました。長年にわたり述べてきたようにAppleAirbnbSpotifyといった、多くの企業が国旗の掲載を取り下げました。

そして、本記事でご紹介したい事例が、Expediaです。

以下に示すのは、2年前のホームページのスクリーンショットです。グローバルゲートウェイがヘッダーに見られないのが残念。アメリカ市場のユーザー向けに、言語の切り替え機能があります。

2年前のExpediaのヘッダー

ページの一番下までスクロールすると、グローバルゲートウェイが表示されます:

2年前のExpediaのグローバルゲートウェイ

現在のExpedia.comにアクセスすると、理想的な地球のアイコンと共に、グローバルゲートウェイがヘッダーにしっかり配置されています:

現在のExpediaのヘッダー

そして、ページの一番下までスクロールしても、国旗は見当たりません:

現在のExpediaのフッター

これは、Expediaと同社の世界中にいる顧客にとって、素晴らしい一歩です。

しかし、このグローバルゲートウェイにはまだ改善の余地があります。この点については、今後の記事でご紹介しましょう!

グローバルゲートウェイのベストプラクティスについて、より詳しく知りたい方は、2021年版Webグローバリゼーション・レポートカードをご覧いただくか、将来のオンライン講座をご期待ください。

Information

書籍「グローバルWebサイト&アプリのススメ」

米国Byte Level Research社の許諾を得て、同社が運営するWebサイト「Global by Design」より、グローバルサイトWebサイト運用に関する記事を翻訳してお届けします。

ミツエーリンクスのグローバルWebサイトソリューション

グローバルビジネスを支えるWebサイトにグローバルスタンダードな品質を提供する、各種サービスをご紹介します。