Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > UX Blog > 2019年5月 > 【海外UXイベント紹介】UXPA2019(トピック:Tools & Techniques:調査)

【海外UXイベント紹介】UXPA2019(トピック:Tools & Techniques:調査)


UXエバンジェリスト 金山

本記事では、UXPA2019のプログラムをトピック別に紹介していきます。今回のトピックはTools & Techniques(ツールとテクニック)です。本トピックに関するセッションは19個もあるので数回に分けてご紹介していきます。最初は調査関連のセッションをとりあげます。

調査に関するセッション

Survey Design for UX Nerds
UX狂のための調査設計

本セッションは、効果的で偏りのない有益なアンケートを作成することで、ユーザーのニーズ、要望、好みなどについて知りたい方向けです。以下のことを学ぶことができます。

Survey Analysis for UX Nerds
UX狂のための調査結果分析

本セッションは、ユーザーのニーズ、要望、欲望、好み、評価などについて知るために行った調査の結果を正確に分析して提示するために必要なすべてのことを実データによる演習を通して学べます。

Go Where Your Users Are: A Fresh Look at Contextual Inquiry Methods
ユーザーのいるところへ行く:文脈調査方法に新たな目を向ける

ユーザーの行動や生活を理解するための最善の方法は、実際に彼らの家や職場を訪問することです。訪問調査、文脈調査と言うと圧倒されるかもしれませんが、原則は非常に単純で、ユーザーの個人的な空間の中で謙虚な観察者になることです。本セッションの参加者は、以下のことを学べます。

Best Practices for Ethnographic Research, Lessons Learned in the Wild
民族誌調査のためのベストプラクティス - 調査現場で学んだ教訓

民族誌調査は難しいかもしれません。準備に最善を尽くし、変化に対してオープンであり続け、アプローチに対して柔軟であるべきです。本セッションでは、民族誌調査とそれが産業界でどのように行われているか説明します。参加者には、民族誌調査の実施、必要な準備と計画の立案(ステークホルダーとのスコープの合意形成、調査チームとリクルーターへの期待の設定など)に関する有用なヒントを提供し、ベストプラクティスを説明するために、調査現場での驚きの複数の例を共有します。満たされていないニーズを分かっていないことを認識し、調査結果を共有するためにインパクトのあるストーリーテリングの力をもって結論を下す方法について学べます。

Scaling research without scaling the team
チームを増員することなく調査を拡大する

デジタル製品チームは急速に成長しており、ユーザーから直接学ぶことへの要望が高まっています。リサーチャーの手が回らないときは、リサーチャー以外の人が対応しています。リサーチャーの役割が製品開発プロセスにおける調査のボトルネックになっている状態を脱し、リサーチャーがコーチとなり、より多くの意思決定者がユーザーと直接話すことができるようにする必要があります。急成長している中規模の新興企業で行われる調査の量とインパクトを成功裏に拡大するために3人のリサーチャーのチームとしてとった戦略を共有します。

まとめ

調査は、UXデザインを始める起点になります。長年の蓄積からノウハウを学ぶことで、自らのビジネスや業務で活かせるヒントが得られることでしょう。次回は、評価をとりあげてセッションをご紹介する予定です。

関連Blog記事