Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > 用語集 > Web制作用語集 > HTML4/XHTML1用語集 > applet要素

applet要素

applet要素は、文書内にJavaアプレットを埋め込むための要素です。

code属性object属性にJavaクラスファイルを指定することで、Javaに対応するユーザーエージェントは対象のクラスファイルを動作させることができます。Javaに対応していないユーザーエージェントは要素内容を代替情報として用います。

HTML 4.01以降では、applet要素は非推奨とされており、代替要素としてobject要素の使用が推奨されています。また、XHTML 1.1ではapplet要素は廃止されています。

参考

HTML 4.01 Specification
13.4 Including an applet: the APPLET element

この要素で設定可能な属性

この要素内に子要素として記述可能な要素

この要素が定義されているDTD

この要素がDTD内で定義されていることを○で示しています。

HTML 4.01 XHTML 1.0 XHTML 1.1
Strict Transitional Frameset Strict Transitional Frameset
- - -