html要素は、HTML文書における最上位要素です。

HTML文書に使用する要素はすべてhtml要素内に記述されます。ただし、html要素の子要素は省略する場合を除き、head要素body要素もしくは、head要素とframeset要素の組み合わせに限られます。

なお、XHTMLではxmlns属性を用いた名前空間の指定が必要となります。

参考

HTML 4.01 Specification
7.3 The HTML element

この要素で設定可能な属性

この要素内に子要素として記述可能な要素

この要素が定義されているDTD

この要素がDTD内で定義されていることを○で示しています。

HTML 4.01 XHTML 1.0 XHTML 1.1
Strict Transitional Frameset Strict Transitional Frameset

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。

関連情報