Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > Blog > UX Blog > 2019年6月 > 【海外UXイベント紹介】UXPA2019(トピック:ポスター発表)

【海外UXイベント紹介】UXPA2019(トピック:ポスター発表)


UXエバンジェリスト 金山

本記事では、UXPA2019のプログラムからポスター発表を抜き出してご紹介いたします。ポスターはカンファレンス会場に貼りだされ、6月26日の10時から11時の1時間、発表者とカンファレンス参加者とのインタラクティブな議論が繰り広げられます。当社UXリサーチャーの亀山の分も含め、14個のポスター発表が予定されています。

ポスター発表

How to bridge the gap between usability testing and design - Avoid misguided solutions to problems. Presented by Sayaka Kameyama
ユーザビリティテストとデザインのギャップを埋めるには - 問題解決の誤解を避けるために

ユーザビリティテストを行った後、ユーザーの問題を本当に解決するデザインを作成できていますか? テストを通じて問題を明確にしているにもかかわらず、最終的なデザインでこれらの問題が解決されない場合があります。そのようなケースが発生する理由を説明します。さらに、「ユーザーシナリオを考える」「問題を調べる」「ソリューションを調べる」「ソリューションを提案する」の4つの手順で、この問題を解決する方法を説明します。これらのステップに基づいて、ユーザーにとって最適なソリューション(デザイン)への道を自分で設定する方法を学びます。

UX Design for Sustainability: Where Academe, Business, and Community Meet Presented by Tatiana Batova
持続可能性のためのUXデザイン:学問、ビジネス、そしてコミュニティが出会う場所

このポスター発表は、持続可能なコミュニティ開発に焦点を当てた、UXクラスの卒業生と地方都市の間の相互に有益なパートナーシップについて説明します。

Strategic Framework: Implementing a User-Centric Enterprise Team Rating System to Progress User-Centric Culture Presented by John Kille
戦略的枠組み:ユーザー中心の文化を推進するためのユーザー中心の企業チーム評価システムの実装

組織内の各チームのユーザー中心の取り組みを評価し、ユーザー中心の文化を向上させるために、ユーザー中心のスコアカードシステムを作成しました。スコアカードは以下の点を評価します。

  1. チームがユーザーの意見を聞いてフィードバックをどのように使用しているか
  2. ユーザビリティテストがどのように行われているか
  3. テストの結果がどのように評価されているか

Remote Moderated v.s. Remote Unmoderated Showdown: Are there differences in the number and severity of usability issues with and without a moderator? Presented by Asha Fereydouni
リモートモデレーションとリモートモデレーションなしの対決:モデレータの有無によって、ユーザビリティの問題の数と重大度に違いはあるか?

このポスターでは、さまざまなユーザビリティ問題の数と重大度を比較するための入門フレームワーク、およびリモートモデレートメソッドとリモートアンモデレートメソッドの長所と短所に関する経験的データを提供します。 UX実務家は以下を得られます:

  1. 多くの出版物は、メソッドの強みや弱みについての実データなしで論評していることが多いと理解します。
  2. ユーザビリティ問題の評価に関する重大度マトリックスの組み合わせを識別します。
  3. リモートモデレート方式と非モデレート方式の長所に関する実用的な実証データを使用します。

UX Mentoring in a Conference Setting: a How-To Guide - Presented by Bob Thomas
会議場でのUXメンタリング:ハウツーガイド

メンティーとメンターが一緒にいる時間を最大限に活用するために、ユーザーエクスペリエンスカンファレンスでグループメンタリングアクティビティを迅速に作成した方法について説明します。

Believe in your data: Evaluating the strength of your qualitative research data - Presented by Lisa Douglas
あなたのデータを信じる:あなたの定性的研究データの強さを評価する

研究データの強さを評価するための新しい測定基準を開発しました。Data Confidence Scoreは、各調査研究でユーザーの質と量、サンプルの代表性、データの一貫性、およびデータから推測できるかどうかを評価するために使用される主観的な多次元評価手法です。

ReSUS: A validated plain language SUS alternative (or how to benchmark your interaction design, and have scientific rigor, too.) Presented Kath Straub
ReSUS:検証済みのプレーン言語のSUSの代替手段(またはインタラクションデザインのベンチマーク方法、および科学的な厳密さも含めて)

プレーン言語のオリジナルのSUS対して検証され、エンタープライズレベルのポートフォリオ間のベンチマークをサポートするように設計されたReSUSを紹介します。一般的に使用されている調査の根拠に基づく長所と短所、ReSUSが主な短所にどう対処するか、アジャイル開発プロジェクトにおける信頼できる/有効な顧客満足度ベンチマークのための戦略的戦略について説明します。

The career transition from UX design to UX research with the help of mental models - Presented by Paulina Barlik
メンタルモデルを活用したUXデザインからUXリサーチへのキャリア転換

このセッションでは、UXゼネラリストの役割からフルタイムのUX研究者の立場へのキャリアシフトについての、デザイナーによる個人的な話を提供します。それは転職を可能にしただけでなく、他の何千人ものデザイナーがユーザーリサーチの分野についてもっと学ぶのに役立ちます。

Grabbing (and keeping!) your users' attention in the age of interruption - How the attention economy has changed the rules of enagement - Presented by Kath Straub
インタラプション時代におけるユーザーの注意をつかむ(そして守る!) - 注目の経済がエンゲージメントのルールをどのように変えたか

このプレゼンテーションでは、オンラインでの返品訪問と購入行動に対する継続的な割り込みが及ぼす経済的影響について説明します。

Strategies for measuring agile maturity - Presented by Dorothy Cummings
アジャイル成熟度を測るための戦略

チームに具体的な洞察と改善のための実行可能な機会を提供するように設計された(新しい)アジャイルUX成熟度評価ツールと方法を提示します。そして、真のアジャイルな変革に向けて前向きな成長を促進するための実装と進捗管理戦略をお勧めします。

Understanding Aspiring UX Professionals Professional Development - Presented by Amanpreet Kapoor
意欲的なUXプロフェッショナルの育成

このポスターセッションでは、本格的にUXリサーチャーおよびUXデザイナーとして認定されているコンピュータサイエンス(CS)の学生が、正式および非公式の教育を通してどのように将来のキャリアに備えるかについての洞察を提供します。

Developing a Code of Ethics for UX Design - Have You Thought About It? - Presented by Dorothy Shamonksy
UXデザインのための倫理綱領の開発について、考えたことがありますか?

ユーザーエクスペリエンス(UX)の専門家としての、日常生活の質への影響を認識し、積極的に良さを向上させることに対する私たちの責任は何でしょうか? UXデザイナーであることの創造性と満足を感じるとともに、私たちには大きな責任があることを示します。職務をこなすためのより詳細でタイムリーな倫理基準を開発することが急務です。

Beyond Magnitude: Dissecting Causes of User Errors for Better Design Recommendations - Presented by Michael Crites
マグニチュードを超えて:より良いデザインを推奨するためのユーザーエラーの原因の詳細な分析

既存のユーザビリティエラーの分類方法は、エラーの大きさに焦点を合わせていますが、エラーの大きさだけでなく根本的な原因も分類する必要があります。本発表では、誤りを「間違い」(認知ベースの誤り)または「スリップ」(時空間の偶然の誤り)のいずれかに分類する方法を提案します。

まとめ

UXPA2019カンファレンスのセッションを複数回に渡ってご紹介してきました。最先端の技術に向きあった発表が増えている一方、調査や評価に関わる基本的な部分での創意工夫も数多く発表されています。日本からの発表はまだまだ少ないですが、今後もっと増えていって欲しいものです。

関連Blog記事