Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > 用語集 > Web制作用語集 > HTML4/XHTML1用語集 > q要素

q要素

q要素は、引用された文章であることを示すための要素です。

cite属性URIを指定することで、引用元の文章を示すことができます。

q要素は段落が必要のない短い引用に用います。同様に引用された文章を示すための要素にblockquote要素がありますが、この要素は複数の段落からなる長い引用に用います。

参考

HTML 4.01 Specification
9.2.2 Quotations: The BLOCKQUOTE and Q elements

この要素で設定可能な属性

この要素内に子要素として記述可能な要素

この要素が定義されているDTD

この要素がDTD内で定義されていることを○で示しています

HTML 4.01 XHTML 1.0 XHTML 1.1
Strict Transitional Frameset Strict Transitional Frameset