del要素は、文書が更新された際に削除された部分を示すための要素です。

cite属性URIを指定することで、元文書や削除された理由が明記された文書を示すことができます。また、datetime属性に日付を指定することで、削除された日時を示すことができます。

参考

HTML 4.01 Specification
9.4 Marking document changes: The INS and DEL elements

この要素で設定可能な属性

この要素内に子要素として記述可能な要素

この要素が定義されているDTD

この要素がDTD内で定義されていることを○で示しています。

HTML 4.01 XHTML 1.0 XHTML 1.1
Strict Transitional Frameset Strict Transitional Frameset

ミツエーリンクスでは、デジタルメディアにおける企業と顧客とのコミュニケーション課題を解決する、さまざまなサービスをご提供しています。ぜひ一度サービスページをご覧ください。

関連情報