Smart Communication Design Company
ホーム > ナレッジ > 用語集 > Web制作用語集 > HTML4/XHTML1用語集 > map要素

map要素

map要素は、クライアントサイド・イメージマップを示すための要素です。

HTML 4.01ではname属性を、XHTMLではid属性をそれぞれ用いることで、イメージマップに識別子を設定することができます。map要素にイメージマップとして関連付けられる要素は、img要素object要素input要素の3つです。

map要素内にはarea要素ブロックレベル要素を記述することが可能ですが、HTML 4.01では両方の要素が記述された場合、area要素は無視されなければならないとされています。またXHTML 1.0では、どちらか一方の要素のみを記述することができます。

参考

HTML 4.01 Specification
13.6.1 Client-side image maps: the MAP and AREA elements

この要素で設定可能な属性

この要素内に子要素として記述可能な要素

この要素が定義されているDTD

この要素がDTD内で定義されていることを○で示しています。

HTML 4.01 XHTML 1.0 XHTML 1.1
Strict Transitional Frameset Strict Transitional Frameset